まとめ

【2021年最新版】『アンデッドアンラック』の登場キャラクター一覧【ネタバレ注意】

"アンデラ"こと『アンデッドアンラック』の主要登場キャラクターと能力を一覧にまとめました。

ユニオンのキャラ(否定者)一覧

アンディ

本作の主人公の1人で自らの死を否定する、不死の否定者。

年齢 不詳(200歳以上)
身長 189cm
趣味 流行りものを楽しむ
特技 何事も上達するまでやめない
好物 チーズバーガー、バドワイザー
能力 不死(自己対象強制発動型)
言語 日本語、ロシア語、英語、中国語

自分を死に近づけるありとあらゆるものを否定する。

基本的に再生はオートだが、長年の練習で再生スピードを意識的に早くしたり遅くしたり出来るようになった。

老いも死に近づく要素と判断されているようで外見は20代半ば位で止まっている。
痛覚はあるが本人曰く「痛みってのは死を感じるから痛いのであって、俺の痛みとお前らの痛みは役割が違う。俺の痛みはただのノイズだ」とのこと。

本名は不詳でアンディという名前は風子がアンデッドから名付けた。

過去には美容師経験もありました。
南北戦争終了後(150年ほど前)から既に日本語が話せ、昔の記憶を思い出すために世界を転々としていて、当時はアメリカにいた。

旅をする中でサンダース、ジョシュ、レドの3人と出会い一緒に旅をすることに。

ロンギングの町で仲間の3人を殺され、復讐する時の戦いで自らが不死であることを知る。

アンディの一番古い記憶は1865年4月15日ワシントンD.C.(ケネディ暗殺の日と言われている)

日本で居合の達人に居合斬りを教えてもらったこともある。

2020年8月1日新宿駅で出雲風子と出会い、共に行動するようになる。

過去にはユニオンに捕まっていたこともある。
その時アンディを捕まえたのはジーナ。

戦闘では相手の能力を考察するために不死の肉体で躊躇なく突っ込んでいくことが多い。

口癖は「いいね 最高だ」

基本的な戦闘スタイルは自らの再生の勢いと血の噴出を活かした攻撃をする。

近接戦闘では刀を使用し、自らの腕を鞘がわりにして血の噴出で勢いつけて斬りつけることが多い。

また、血を凝固させて刃にする。

遠距離の相手に対しては指を血の噴出で勢いをつけて弾丸の様に飛ばし攻撃する。

額のカードには長年の記憶が封じ込められていてカードを抜くと別人格「ヴィクトル」が出てくる。

ヴィクトル人格の時はアンディよりも不死の能力の練度が上がっておりユニオンメンバーを圧倒する実力があります。

ヴィクトル人格はかつてジュイスと共に神に戦いを挑んでいましたが神には勝てないと悟りジュイスを苦しみから救うために殺そうとしていました。

出雲風子

本作のもう1人の主人公で他人の運を否定する、不運の否定者。

年齢 18歳
身長 155cmない位
趣味 少女漫画、ゲーム
特技 人の間をすり抜ける
好物 ワサビ入ってないお寿司
能力 不運(他対象強制発動型)

自分の肌や頭髪触れた相手に不運が降りかかる。

この能力には以下のルールがある。
・能力は強制発動(制御不可能)

・不運は対象との「接触時間」「接触面積」「好感度」「接触の価値」が高ければより強力になる。
例として手を繋ぐ行為と口づけ行為では後者の方が強力な不運が降りかかる。

・この能力は外的要因で周囲の物を利用して不運が降りかかる。
例として心臓麻痺などの内的ダメージや財布を無くすなどは起きないが鳥のフンが落ちてくる、天井が落下して当たるなど。
不運の材料が周りあれば意図的にそれを利用した不運を引き起こすことも可能。

・不運は連鎖する場合がある。

・この能力で風子自身に不運は降りかからない。

新宿駅で飛び降り自殺をしようとしていた所、アンディと出会い世界の真実を知っていくことになる。

少女漫画「君に伝われ」の大ファンで少女漫画の世界に憧れている節がある。

8歳の頃に不運の能力が発現し両親に能力を発動させてしまった。
結果、両親は事故死。

祖父の形見のニット帽がトレードマークで不運を不用意に発動させないために長袖長ズボンで手袋をして露出を抑えている。

また戦闘用にリボルバーを所持している。

ジーナ

年齢 16(66)歳
身長 155とかそん位
趣味 絵・JKファッション
特技 お化粧
好物 デッドちん(アンディ)
能力 不変(他対象任意発動型)

ユニオンのメンバーでアンディの席を空けるために殺された。

否定能力は不変(アンチェンジ)
素手と素足で触れた生物以外の形の変化を否定する能力。

この能力によって化粧の変化を否定して若く見えている。

50年前にアンディを捕らえた天敵。
世界のために殺しをすることに悩んでいた為、死にたがっていた。

シェン

年齢 秘密
身長 185cm位
趣味 修行
特技 他人のクセをすぐ見つける
好物 ムイちゃんの手料理(小籠包)
能力 不真実(他対象強制発動型)
言語 中国語
最初にアンディ達と戦った否定者。

不真実(アントゥルース)は対象が行おうとした行動、言おうとした言動の真逆の行動を引き起こす能力。

発動条件は二つ
・対象を見ること
・対象を好きになること

シェンは戦闘狂の為、強い人間は好きになりやすい。

古代遺物『如意金箍』を武器として戦うことがある。

シェンの過去

田舎の村で妹のメイと2人で貧乏暮らしをしていた。

ファンという武闘家に才能を見染められシェンは修行に身を投じる。

しかし妹のメイにも才能があることが発覚。
シェンとメイは強制的に戦わされることになる。

負けたメイはファンによって崖から落とされシェンが手を取り助けようとするも否定能力が発現し妹のメイは手を離し死んでしまった。

それ以来、自らの師ファンを殺すために強さを追い求めてきた。

その後ユニオンに加入。

UMAに親を殺された姉弟(姉がメイ)が自分達と重なったため保護する。

メイとは一緒に行動するに連れて心が癒され不真実の発動条件である"対象を好きになること"に気づく。

サマー討伐編では師匠のファンと対峙。
死にかけるも古代遺物の力でメイのキョンシーとなり復活

ボイド

能力は不可避(アンボイダブル)
他対象の能力で回避を否定する拘束型の能力。

元プロボクサーでシェンと共にアンディと風子を殺しにきたが逆に殺されてしまった。

ジュイス

プロフィールに不明な点が多いユニオンのリーダー。

趣味は紅茶の茶葉や食器集め・少女漫画

特技は剣術

好物は紅茶とマカロン

能力は不正義(アンジャスティス)
対象の正義を否定し、それに反する行動を強いる能力。
発動するには対象の正義を問いたださなければならない。

この正義とは対象の最も大切にしている信念である。

サーベルを使用して戦い、UMAバーン捕獲後は炎を纏う剣になった。

ユニオンを創設し世界にルールを強いる神に戦いを挑み殺そうとしている。

古代遺物アークを使い地球の崩壊を逃れループしている。

アンディの別人格ヴィクトルとはかつて性別のルールが足される前から共に戦った仲間であり、共にループを経験している者同士でもある。

全ての責任を一人で抱え込もうという節がありそれ故に誤解を招くこともある。

タチアナ

年齢 不明
身長 球に入っている時は2m30cm
趣味 ビリー様とのお菓子作りとぬいぐるみ集め
特技 ビリー様のサポート 脳波コントロール
能力 不可触
出身 ロシア

常に球体に身を包まれた少女。
能力は不可触(アンタッチャブル)

UTエリアを展開して自身へのあらゆる物質の接触を否定する能力
但し、口から真っ直ぐのエリアは能力範囲外の為、食事などは出来る。

球体は能力発動を抑え込むためのアーマーである。
能力の特性上、髪を切ることも服を着ることも出来ない。

マフィアに目をつけられて闇競売にかけられていた所をビリーに助けられる。
それ以来ビリーを慕い続けている。

ビリー、ジーナ、ニコなどと仲が良い反面、それ以外のメンバーとはあまり関わりが無かったが風子と出会って以来、交友関係が広がっている様子。

ビリー

年齢 30代半ば
趣味 銃集めとお菓子作り
特技 早撃ち タチアナにはりつく
好物 マンゴー、コーヒー
能力 不可信

ユニオンのメンバーで普段は飄々としたイケオジ。

サングラスをつけていて盲目だが銃の腕は確か。

能力は不可信(アンビリーバブル)
銃限定の必中効果である……

重野力

年齢 17歳
身長 162〜3
趣味 バラエティ お笑い鑑賞 芸人のラジオ鑑賞
特技 超高速貧乏揺すり
好物  おもち 力水(ソーダ)
苦手な物 ホラー・グロ
能力 不動(他対象強制発動型)

闇競売で売られていたところをアンディ達に助けられた日本の高校生。

小心者でビビりだがいざという時は頑張る性格。

能力は不動(アンムーブ)
視界にあるもの全ての動きを否定する能力。
発動条件として自身の四肢を固定する必要がある。

中学一年生の頃に能力が発現。
横断歩道でで両親の動きを止めてしまい居眠り運転のトラックに轢かれてしまい死亡してしまった。

その後、母の遺言通り自分に優しくしてくれる誰かを助けるために力を使うことを決意しユニオンに加入。

ニコ・フォーゲイル

否定能力不明のユニオンの研究所の所長で娘がいる。

組織の共通装備である赤いネクタイ(公共交通機関の無制限利用や言語翻訳機能)を開発した。

かつて捕まっていたアンディの拷問を担当していた男。

謎の浮遊する黒い球体を武器に戦い、UMAランゲージの討伐も1人で行っている実力者。

フィル

全身に古代遺物を仕込んである少年。

古代遺物は触れていると前の世界の記憶が流れてくるため複数の古代遺物に触れると精神を保てなくなるがフィルは能力でそれを回避している。

詳細な能力は不明だが名前から不感(アンフィール)の能力者と思われる。

一心

黒い日本式の鎧兜を纏っている大柄な人物。

能力は不壊(アンブレイカブル)
自身が制作した物品の破壊を否定する強制発動型の能力。

言葉遣いが和風で日本出身、もしくは日本好きと思われる。

本来は戦闘向きの人材ではない。

トップ

15歳の少年で不可止(アンストッパブル)の能力者。

自身の停止を否定して超スピードで動き回る能力。
不可止の停止条件は「身体の形状が著しく変化する」こと。
故に怪我が多い。

15歳という年齢にしては常識的で大人な一面がある。

ユニオン関係者

ムイ

年齢 17か18
身長 風子と同じくらい
趣味 料理・修行
特技 美味しい健康食作り
好物 シェンと一緒に作った小籠包

シェンの従者である女の子で否定者ではない。
UMAに親を殺されたところをシェンに拾われる。

弟がいたが死んでしまっている。

シェンの力になるために日々鍛錬を積み重ねている。

UMAサマー討伐に向かう中、ファンとシェンが交戦。

シェンが死にかけるも古代遺物の力を利用してムイがシェンを殺害。
結果死にかけていたシェンはキョンシーとなり蘇り、ムイに不真実の能力が写った

安野雲

年齢 10代
身長 170cmくらい
趣味 漫画描いたり読んだり
特技 早描き
好物 アンディと風子ちゃんのやりとり
能力 不明
少女漫画『君に伝われ』の作者でその素性は一切不明の漫画家。

その正体は久能明という10代の少年。

小学校の帰り道に古代遺物Gライナーを拾ったことでその回のループの過去と未来を知ることになる。

それと同時に不明(アンノウン)の能力者となる。
自己対象強制発動型の能力で常時、彼の言動行動及び、それで起こった外的変化は自身以外の生物に感知されない。

それにより世間では行方不明扱いになり独り家を出ることになる。

Gライナーで見たアンディと風子の勇姿に感化され、母の望み通り大好きな漫画を描き始め、読み切りが即連載化。

『君に伝われ』というタイトルで漫画を連載し始め、そのうちアンディが本当に存在することを知り、負けが決まっている未来を変えるために漫画の中で未来の情報を描いていく。

Gライナーには描いたものを具現化する力があり、それで安野雲というもう一人の自分を作ってアンディ達に接触した。

未来を変えた代償として二度と分身を描くことは出来なくなり二度と人に会えなくなった。

UNDERのキャラクター一覧

ユニオンと対峙する否定者達の組織UNDER(アンダー)

神を倒そうとするユニオンと違い、神には抗わず、世界に復讐しようとしている。

UNDERのボス

「光も無く否定の業を背負わされ 闘う事を強いられた」

「何故能無し共の生を憂う 奴らの命も使え 俺達はそうする」

「そうでなければ・・・不公平(アンフェア)だろう?」

UNDERのボスはユニオンのビリーである。

ビリーの目的は神を殺すことだがアークを奪いループする気はないらしい。

そして詳細は不明だがユニオンを裏切ったのはジュイスのためである。

能力は不明だが他の否定能力をコピーすることが可能。

盲目ではない。

リップ

年齢 ラトラの一個下
身長 180cmほど
趣味 眼帯・刃物集め、ラトラを揶揄うこと
特技 解剖 裁縫 料理
好物 パスタ
能力 不治

右目を眼帯で覆っているのが特徴的な人物。

能力は不治(アンリベア)
リップがつけた傷はいかなる処置でも治らない。
つまりは治療行為を否定する能力。

そしてこの能力はリップを殺さなければ解けない(任意で解除もできる)

つまり相手は『能力解除のためリップを殺す行為=治療行為』とみなされ、攻撃することが出来ない。

元々は医者で否定能力に気づかずに執刀してしまいラトラの妹を殺してしまった。

その為、もう一度やり直すためにアークを欲している。

メスや古代遺物の走刃脚(ブレードランナー)を使う。

ブレードランナーは滞空能力や斬撃を飛ばす能力を持っている。

ラトラ

年齢 リップよりは上
身長 170くらい
趣味 水晶、金のアクセ集め
特技 占い
好物 リップが作るミートソースパスタ
能力 不的中

占い師でリップといつも一緒にいる女性。

リップにからかわられ事が多く感情豊かにリアクションしている。

能力は不的中(アンターゲット)と予想されている。
ラトラの言動(占い)が必ず外れる自己対象の能力。
例として「この攻撃は必ず外れる」→必ず当たるとなる。

リップとはアンダーに入る前からの仲で、妹がいたが占いで生きることを予言するも否定能力でそれが否定されて妹はリップの手術に失敗して死んでしまった。

リップとラトラは互いにラトラの妹が死んだのは自分のせいだと思っている。

テラー

ビリーの傭兵時代の仲間で最初のアンダーメンバー。
メガホンを身につけていてそれを通して会話をする。
返事は『イエッサー』

ショーン

年齢 18
身長 170くらい
趣味 帽子収集
特技 バタフライナイフ回し、スリ、暗殺
好物 果物全般、金
能力 不可視

元々はブラジルのギャングに所属して能力で悪事を働いていたところリップに強制的にアンダーに加入させられる。

能力は不可視(アンシーン)
両瞼を閉じることで自身及び、自身の所有物と認識しているものを視認できなくする能力。

本来の世界線では風子を殺していたが安野雲によって阻止された。

バックス

年齢性別不詳の低身長の人物。
ピンク色のウサギの着ぐるみを着ていて口癖は「〇〇なのら」

能力は不明だが拘束型の能力

ファン

シェンの師匠でありシェンの妹メイを殺した人物

天下無双を目指し強者との闘いを求める。
そのためにシェンを修行させていた。

自分の弟子を強くしては闘いを挑み、殺してキョンシーとして部下にしていた。

本来は老人の姿だが古代遺物で若返っている。
否定能力者ではない

-まとめ
-

© 2021 マンガでござる Powered by AFFINGER5