まとめ

【ブラッククローバー】メレオレオナ・ヴァーミリオンが魔神をボコボコにして強すぎる?可愛い一面はあるのか?声優は誰?

田畠裕基『ブラッククローバー』の登場人物『紅蓮の獅子王』団長フエゴレオンの姉である最強の魔法騎士の1人メレオレオナ・ヴァーミリオン。
通称「アネゴレオン」の活躍や強さ、カッコいいシーンや魅力を解説していきます。

アネゴレオンことメレオレオナはどんな人物なのか?

初登場は単行本第12巻に収録されている第105話

魔法騎士団の功績発表をする星果祭にて負傷したフエゴレオンの代わりに紅蓮の獅子王団長として登場。

『紅蓮の獅子王』団長フエゴレオン・ヴァーミリオンの姉で通称「無冠無敗の女獅子

魔導書(グリモワール)を受け取った15歳の時から各地の豪魔地帯を巡って野生暮らしをして自らを鍛えていました。

熱血を通り越した性格のメレオレオナを一言で表すと「野生の猛獣」です。

アネゴレオンというあだ名はヤミ団長がフエゴレオンの姉だからという理由で呼んだのが読者達の間で定着したものです。

団員達からは尊敬の的

野生の猛獣ですが実は『紅蓮の獅子王』団員からは慕われています。

紅蓮の獅子王団の団員や弟に対する誇りを持っており、下の者達の強さを引き出すために修行をつけたり、暴言とも取れる強い言葉で団員達の指揮をあげたりと周りの人のために動ける人なのです。

それ故か、敵組織「白夜の魔眼」を討伐するために結成された「王撰騎士団(ロイヤルナイツ)」の団長も務めており、仲間を逃すための殿を務めるなど団長としてあるべき姿をアスタとゾラに見せていました。

また、ブラクロ世界では身分が上のものほど魔力の少ない平民や下民を差別するのですがメレオレオナはアスタに対して差別意識も持たずに接しているのもとても好印象です。

メレオレオナのプロフィール

年齢 32歳
身長 178センチ
誕生日 7月26日
血液型 O型
等級 不明(しかし単独で魔神を抑えることができる)
魔法属性 炎
所属 「紅蓮の獅子王」団長代理
出身地 王貴界
好きなもの 温泉で飲酒、ジビエ料理
声優 皆川純子

担当声優の皆川純子さんは『テニスの王子様』の主人公、越前リョーマや『デュエル・マスターズ』の白鳳などを演じられている方です。

メレオレオナの戦闘能力

魔法は弟と同じ炎魔法

弟のフエゴレオンやレオポルドは中遠距離の技が多い炎魔法ですが、メレオレオナは至近距離で直接殴る近接戦闘を得意としています。

マナゾーンと呼ばれる技を身につけており、本来の自分以上の魔力放出を自分の身体からだけではなく、空中からも放つことができる。
また、感知能力もズバ抜けて上がり、宙も自在に動けるようになります。

使用魔法

基本的には炎魔法しか使っていません

炎魔法「灼熱腕(カリドゥス・ブラキウム)」
発動すると、腕全体が炎に包まれたかのようになる魔法。一度発動すれば、そのまま一定時間はその状態を保持可能。
この状態で繰り出されるパンチは、魔法であろうと生き物であろうと焼き尽くす塵滅の一撃と化す。

炎魔法「灼熱腕連撃(カリドゥス・ブラキウムれんげき)」
灼熱腕の連続攻撃を繰り出す。

炎魔法「灼熱腕煉獄(カリドゥス・ブラキウムれんごく)」
凄まじい熱量の炎を放ち辺り一帯を焼き尽くす広範囲魔法。エルフに追い詰められた際に放った当時の彼女が繰り出せる最大級の魔法

炎魔法「業火の化身(ごうかのけしん)」
肉体そのものが魔そのものになり炎を全身に纏っているような姿になり基礎能力が大幅に上昇する。

炎魔法「"灼熱腕"煉獄・深淵(カリドゥス・ブラキウムれんごくしんえん)」
「業火の化身」+マナゾーン全開の状態で放つ「灼熱腕煉獄」で魔神を圧倒する事ができる。

魔神をボコボコにしている!?

ブラッククローバー初期から語られている伝説の存在・魔神。

クローバー王国最強の盾と呼ばれるカイゼルとその部下が防ぎきれない攻撃力、魔法帝を越す膨大な魔力、如何なる魔法をも撥ね退ける肉体、伝説の初代魔法帝ルミエルでさえも単体では倒す事ができない程の怪物です。

しかしメレオレオナはたった一人で魔神をボコボコにしているんです!!

スペード王国での戦いではメレオレオナは他の団長達をフリーにする為にスペード王国産の魔神と単騎で戦うことになります。

また戦況を動かす指揮官役のナハトが漆黒の三極性と複数で戦っている騎士団メンバーは気にかけ援軍を向かわせるか考えるのに対して、魔神と単騎で戦っているメレオレオナには援軍を出そうとも、心配する素振りすら見せないのです。

さらに最上位悪魔が使う"魔炎魔法"は全てを燃やし尽くす魔法なのですがメレオレオナはライア戦でどんな属性の魔法も炎魔法で焼き尽くしていたので最上位悪魔クラスの実力を既に持っている可能性があります。

これから更に強くなる可能性がある

魔神を単独で完璧に押さえ込んでいるメレオレオナ。

しかし彼女はこれから更に強くなる可能性があるのです。

何故なら魔神と戦っている現時点ではまだ習得していない技術があります。

それが魔言術式(マナメソッド)と究極魔法です。

マナメソッドは術式を書き、莫大な自然の魔を利用した"真魔法"が使えるようになります。

そしてマナメソッドが使えれば莫大な魔力を持ったエルフ族の奥義、真魔法を超えた"究極魔法"を習得できます。

ラックは究極魔法を使い、4体の中位悪魔を瞬殺しています。

なら強化された魔神を単独で押さえ込んでいるメレオレオナが究極魔法を習得したら……

メレオレオナの可愛い一面

戦闘狂で猛獣のようなまさに"姉御"なメレオレオナにはギャップ萌えする可愛い一面はあるのか調べました。

カッコいいシーンしかありませんでした…

メレオレオナの主な活躍

第12巻

初登場の巻。
アスタ、ユノ、ノエル、ヤミ、シャーロットを引き連れて火山にマナスキンの修行に向かいます。

ここでは紅蓮の獅子王団員に手本となる団長組を連れて行きました。

特にシャーロットは相性の悪い環境でもマナスキンを発動していて手本としては最適。

団長代理としての計算高さを見せつけました。

第13巻

ここではメレオレオナとその他女性陣のサービスシーンがあります。

メレオレオナが一度も勝てなかったアシエについて語られシルヴァ家の人間から誰も期待されてなかったノエルを鼓舞する言葉を送ります。

第15巻

満を辞しての単独表紙。

王撰騎士団団長として騎士団を引き連れて白夜の魔眼のアジトに攻め込みます。

敵のアジトに攻め入る時の作戦は無し。
「負けなければ何をしてもいい」というまさに戦闘狂ならではの作戦を指示します。

そしてフエゴレオンの敵討ちのために奔放します。

アスタの偽物が現れた際にはオリジナルと偽物、両方攻撃するというめちゃくちゃな行動をし、ライアのコピー魔法も全て焼き尽くし、圧倒しました。

第17巻

転生したエルフ5人に囲まれ、アスタとゾラを逃すために殿を努めます。

暴れまくり最終的には立ったまま気絶。
エルフ達も確実に殺そうとします。

第20巻

復活して影の王宮に突入。

三魔眼の一人ヴェットと対決

フエゴレオンへの信頼、そして誇り高き弟フエゴレオンの姉としての覚悟を見せつけました。

第28巻

久しぶりにまともに登場しました。

スペード王国奪還作戦にて現れた伝説の存在・魔神。

漆黒の三極性を倒すことを最優先にする為、魔神に多くの人数は割けれないとの判断からナハトに単独で魔神の相手を任されます。

そして何故かマナメソッドも使わずに魔神をボコボコにします。

 

以上でメレオレオナについてまとめを終わります。

電子書籍のオススメ

電子書籍なら外出せずに自宅で気軽に漫画を買えます!

買いにくいマンガも、誰にもバレずに買えます。
さらにセールで安く購入することもできます!

 

数ある電子書籍サイトで一番オススメは「まんが王国」です!!

 

 

なぜ、「まんが王国」がオススメなのか?

「まんが王国」は定期的にお得なセールをやっており、漫画を安く購入できる可能性が一番高いのです!

さらに、24時間の日替わりセールを毎日開催しています!

ぜひ、「まんが王国」を利用してみてください!

まんが王国は電子書籍初心者におすすめできる7つの理由

 

-まとめ
-

© 2021 マンガでござる Powered by AFFINGER5