ネタバレ

【2話】ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました ネタバレ!!冬吾と紫の優しさ

今!!話題沸騰中の新感覚ラブコメディ漫画『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』。

 

>>ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました全話ネタバレ詳細

 

前話である1話では結が家から逃げ出してしまって、外で倒れてしまいました!!

いったいどうなってしまうのでしょうか!!

石忍者
心配して眠れなかったでござる。

 

結は一生、人と関わらないようにしないといけないのでしょうか!?

今回はそんな結がどうなっていくのか気になったので2話を読んでいきたいと思います!!

石忍者
毎回思うのだが、タイトル長すぎるでござるなあ。略称などはないのでござるか。

\まんが王国が唯一先行配信に対応!!/

まんが王国は他サービスよりも4話も進んでいるから、早く読みたい方はおすすめ!!

上をタップして『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』を検索!!

こちらもCHECK

まんが王国でネクラには刺激が強すぎる を読んだほうがいいよねって話

こちらの記事では『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』をよりお得で読む方法を調査しておきます。   まずは結論から書きます。   ポイント 単話買いだけではな ...

続きを見る

ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【2話】の見どころ!!

冬吾
結が嫌でもオレは仲良くしたいと思ってるから

前回、公園で倒れてしまった結なんですけど、どうやら近所の人の連絡があって、お父さんと冬吾の2人がリビングまで運んでくれたそうなんです!!

結が目覚めたときに、まるで子守唄のような冬吾の話し方に、結はついつい安心してしまうんです!!

 

1話ではとんでもない『爽やか系プレイボーイ』って感じのキャラが炸裂していましたね。一方でマジで弟の紫を愛している一面もありました。

今回の話では今までの冬吾の印象を大きく変えるような感じがありました!!

石忍者
こういうのが女の子はときめくでござる

 

結がリビングにて寝ている間、冬吾は紫との馴れ初めについて語り始めています。

自分の心を開けだす冬吾。そしてその優しさに心がホワホワし始める結。

こんな幸せな場面が他にあるのでしょうか!!

 

見どころとしてはやはり、その冬吾のギャップでしょうか。

石忍者
男である拙者でもついつい胸がときめいてしまうでござる!!

ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【2話】のあらすじネタバレ

ネタバレ注意でございます!!

目を覚ました結

結は昔のことを思い出します。

それはかつて、父親を抱きしめたら、父親が真っ黒に見えてしまった時の事でした。

結は絶望してしまいます。

今では結は自分が触っても誰も死なないということはわかっています。

しかし、急に触られたりするとどうしようもない強迫観念に襲われてしまうのでした。

 

結は紫がコップに口を付けていたことを思い出します。

今度こそはもうだめかもしれない。病気になるかもしれない。誰か助けて。

結はそこで目を覚まします。

怖い 息が苦しい 助けて 誰か助けて

 

悪夢から目を覚ますと、そこはリビングで、目の前には冬吾がいました。

冬吾曰く、公園で倒れているのを近所の人が連絡してきて、父親が運びに来てくれたそうです。

でも、結が一番気になったのは夜中の2時なのにも関わらず、起きてくれていることでした。

 

そして、もう一つ気になっていたことが、紫の安否でした。

紫は気持ちよさそうにスヤスヤと寝てていて、結が起きるまで起きるつもりだったが寝てしまったそうです。

石忍者
ちなみにこの時の紫の顔はがちでかわいいので是非とも読んで欲しいでござる

 

冬吾は紫との関係性について話し始めました。

実は紫と冬吾は血が繋がっていなくて、母親は7歳の時に紫の父親と結婚したけど数年で父親は死んでしまった。だから兄弟になってくれた紫が一番大切でした。

結も同じく大切。姉弟になったからには結が嫌いでも仲良くしたい。そう話す冬吾。

そして登校日

結は冬吾と紫と三人で登校します。

そこを丹羽に見られて、なんで一緒に登校しているんだとちょっかいをかけられています。

結のことは大好きだ。自分は制服の匂いや嗅いだりするのも許されていると話す丹羽。

公認した覚えはないとつっこむ結。

石忍者
実は登校する前に家で我慢できなくなった冬吾が結に"きっす"をする場面があるでござる

 

すると、冬吾に話しかけてくる生徒が現れました。

外面王子である冬吾はその女の生徒たちと一緒に校内に入っていきます。

 

今度は紫が結に話しかけます。

昨日はごめん。今度は気を付ける。と昨日の事を謝ってきました。

結も自分の方こそごめん。と謝り返しました。

自分からはもう結には触らない。でも結から触れるようになったら触ってもいいよ。絶対大丈夫だから。と笑顔で紫は話しかけてきました。

石忍者
拙者もこれくらい優しい男になりたいでござる

冬吾VS丹羽!?

放課後、冬吾は丹羽に話があるといって二人きりになりました。

結に触れることができるのは丹羽だけな理由を聞こうとする冬吾。

いったいどんな方法で許されているか、何か魔法の言葉でもあるのか。と冬吾は問い詰めます。

そんなものはない。でも結に触れるのは自分だけ。貴方じゃ無理。と話した。

 

続けて丹羽は話します。

前にも貴方のような自信家の男が結に近づいて、対処法を間違えて結を傷付けた。貴方に間違えない自信でもあるのか。本当に結が大事なら関わらないで。

石忍者
過去に結に近づいた男がいたでござるな。その者はいずれ再登場するのでござろうか

せいぜい触らないように努力しな。と釘を刺すのでありました。

 

場面は変わって結へ。

結は隣のクラスの女の子達に絡まれてしまいます。

紫と冬吾とはどういう関係なの。あんたみたいな地味でヘンな子がイケメンに挟まれて調子に乗ってるとムカつく。と言われてしまいます。

思わず、結は怒ってそんなの知らないと無視しようとします。

すると、その女の子達の1人が結の腕を掴みます。

触られた結はどんどん力が抜けてしまって、黒で前が見えなくなってしまいました。

なんかいつもより 怖い 力が抜けていく 黒で 前が 見えない

ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【2話】の感想

冬吾も優しいけど紫も優しいんだなあ。

何が優しいって、まず自分がしたことの非を認めて謝れるってのが良いですよね。

それどころか、自分からは触らない。でも結から触れるようになったら触ってもいいからね。ってめちゃくちゃイケメンじゃないですか!!?

 

決して焦らせることもさせないって凄い事だと思います。

石忍者
兄である冬吾もあっぱれだが、弟の紫も中々でござる。最高の兄弟でござるな。

 

あと丹羽と結の関係性っていったい何なんでしょうかね!?

あの異常なまでな結に対する気持ち。

恐らく過去に何かあったに違いませんね。

 

1話で結は丹羽のことをストーカーと紹介していましたが、今回の2話を読む限り、嫌いってわけじゃなさそうですよね。

もしかして危ない関係なんでしょうか・・・!?

いずれにしても、今後の展開が楽しみですね。

ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【2話】の気になったところ

個人的に少し気になった個所というか、細かいなあと思った個所があります。

冒頭のページですね。

 

2話の冒頭で、結は母からネグレクト状態になっているということで服も髪もボロボロで顔は汚れていました。おまけに臭いそうです。

一方で今回の2話の冒頭ではとても綺麗な服を着ていて、髪も綺麗で顔も汚れていませんでした。

 

恐らくこれは、父親が母親と離婚して、その後父親の仕事で出張がなくなって、家に居ることが多くなったということですかね。

つまり、この1ページでわかるのは父親が家族思いで、仕事を捨てて娘をとったということですね。

 

>>ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました全話ネタバレ詳細

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』を読むならどこで読めば!?

この漫画は様々な電子書籍サービスにて読むことができますが、『まんが王国』と『コミック.JP』と『U-NEXT』をおすすめしています。

U-NEXTで読んでみる  無料トライアル時に600円分のポイントがもらえるので、そのポイントで買ってしまいましょう!!
コミック.JPで読んでみる 30日無料登録期間時に675円分のポイントがもらえるので、そのポイントで買ってしまいましょう!!
まんが王国で読んでみる 上の『U-NEXT』『コミック.jp』よりも4話早く読むことができます。無料会員登録ができて、無料で読める漫画が3000作品以上あります!!


石忍者
拙者的にはまんが王国を一番おすすめしたいでござる。やっぱり読むなら一番進んでいる所で読みたいでござる。

\まんが王国が唯一先行配信に対応!!/

まんが王国は他サービスよりも4話も進んでいるから、早く読みたい方はおすすめ!!

こちらもCHECK

まんが王国でネクラには刺激が強すぎる を読んだほうがいいよねって話

こちらの記事では『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』をよりお得で読む方法を調査しておきます。   まずは結論から書きます。   ポイント 単話買いだけではな ...

続きを見る

-ネタバレ
-

© 2021 マンガでござる Powered by AFFINGER5