まとめ ネタバレ

『七つの大罪』エスカノールの死亡理由と死亡シーンは?『黙示録の四騎士』で転生や復活はしないの!?

『七つの大罪』に登場する太陽を浴びると闘級が大幅に増す特異体質を持つ<七つの大罪>最強の団員・「傲慢の罪(ライオン・シン)」エスカノール。
彼は主人公のメリオダスが自分より強いと豪語したり、作者公認で最強キャラとなっています。
そんな彼の死亡理由や復活説、どれくらい強いのかについて掘り下げていきます。

これが死亡シーンでは無い。

エスカノールのプロフィールと動向

名前  エスカノール
年齢 40歳
身長・体重  165cm~325cm・49kg~355kg
血液型  AB型
誕生日  7月1日
出身地  タリム王国
種族 人間
異名 「傲慢の罪(ライオン・シン)

闘級:15(魔力:5/武力:5/気力:5)~測定不可能

通称:傲慢の罪(ライオン・シン)のエスカノール

罪状: 「王国周辺の町及び集落にて幾度も民に恐怖を与え、現場に駆けつけた王国聖騎士への過剰なまでの暴行。国王陛下の御前に引き立てられた際の不遜な態度と言動。静止に入った聖騎士長まで重症を負わせた〈傲慢〉さ」

酒場〈麗しき暴食〉亭のマスター。印はライオンで、場所は背中。

エスカノールはタリム王国の王族の人間です。
幼少期は両親から愛されて生きてきましたが、愛されていたがゆえに兄のデモンドからは反面、疎まれていました。

兄デモンドから暴力を受けていた際にエスカノールは魔力が開花し、その所為でデモンドに重症を負わせてしまいました。
この事件がきっかけでエスカノールは両親や周囲から愛を受けることは無くなり、呪い師から「生かしておけば王国に災いをもたらす」と予言され、命を狙われる身となってしまった。

危機的な状況だったエスカノールを唯一の味方である侍女ローザが助け、なんとか亡命することに成功。

それ以降、エスカノールは難を逃れて孤独な放浪生活をしていた時にメリオダスとマーリンと出会って力を見出された事で<七つの大罪>メンバーに加入します。

<七つの大罪>が離散した後は<麗しき暴食亭>という酒場を営み隠居していた。

その後<十戒>ガランとメラスキュラの追撃を受けるバン、ジュリコ、エレインが酒場に偶然逃げ込み彼らを匿う。

酒場のお酒が上等だった事でガランとメラスキュラに気に入られ命拾いし、夜が明け太陽が出てきた事で両者を撃退。

王国の危機を知り<七つの大罪>に再び加入した。

エスカノールの魔力

「太陽(サンシャイン)

最高神が四大天使に与えた恩寵の一つで元々は四大天使の1人マエルが持っていたがマエルの死亡後、エスカノールの元に宿った。

日の出とともに体格、人格が変わっていき、正午には七つの大罪の誰よりも強くなる。
その強さは、<十戒>の武闘派であるガランや【慈愛】の戒禁の所有者であるエスタロッサさえも上回るレベルである。
もしもエスカノールがいなければ、リオネス城攻防戦の結果が大きく変動していた可能性が高い。

なお、影響で力が強くなっていく反面、性格もどんどん傲慢になっていくので、本領発揮時のエスカノールは非常に危険。本人にも自制が利かないため、大暴れしては夜に自己嫌悪に苛まれている。
一応、マーリンの助力や本人なりの配慮などで、矛先が味方に向かないよう方向転換するくらいはできるが、時間や天候を変えてしまう相手には対応しきれない。

エスカノールの死亡理由

エスカノールは魔神王との戦いの後に死亡しました。
しかし魔神王の攻撃で死亡したのではありません。

エスカノールが死亡した原因は彼の魔力「太陽」にあります。
エスカノールが最大魔力を発揮する正午からの1分間は『天上天下唯我独尊(ザ・ワン)』という状態になります。

しかし魔神王との最終決戦では自分の全生命力を魔力に変換して1分以上ザ・ワンの状態を維持する"天上天下唯我独尊" "極み"(ザ・ワン・アルティメット)になります。

ちなみに第39巻時点ではメリオダスを除く大罪メンバーでは極み状態のエスカノールが作者公認の最強キャラらしいです。

魔神王との戦いで、生命力を魔力に変換した事で本来は人間には耐えきれない力を酷使して以前からガタが来ていた身体に止めを刺したことになります。

元々普通の人間では「太陽」を行使した時点で死んでしまうのですがエスカノールは恩寵に選ばれた人間なので何とか耐えてきました。

しかしそれも限界が来てしまい死んでしまいました。
最後には最愛の人マーリンに真の想いを伝え、仲間たちに見届けられながら燃え尽きました。

エスカノールは復活するのか?転生するのか?

エスカノールの復活説ですが、ありえないと思います。

何故ならエスカノールは身体が炎で燃えて、跡形も無くなってしまいました。
肉体さえあればもしかしたらなんて考えられますが燃え尽きてしまったので

またメラスキュラの「怨反魂の法(おんはんごんのほう)」でエレインが生き返っていますがこの術で生き返るには負の感情が必要でエスカノールに対して負の感情を抱いているキャラは居ないので復活する事は無いと思います。

ですが!!
エスカノールの魔力「太陽」を持つキャラは今後出てくるかも知れません!!
そもそもエスカノールが「太陽」を死んだ人物から受け継がされた物ですから。

ちなみに『黙示録の四騎士』第24話に<七つの大罪>のイメージ図で描かれていました。

エスカノール死亡シーンは何巻?何話?

エスカノールの死亡シーンは以下の話で見れます。
・アニメ「憤怒の審判」第20話「倶に天を戴かず」

・原作マンガ…40333

まとめ

エスカノールは最強キャラである。
最強たる由縁は普通の人間では扱うことの出来ない魔力「太陽」。

エスカノールは魔神王との戦いで全生命力を魔力へと変換して『"天上天下唯我独尊" "極み"(ザ・ワン・アルティメット)』になった為、元々ガタが来ていた身体に止め刺してしまい死んでしまった。

-まとめ, ネタバレ
-

© 2021 マンガでござる Powered by AFFINGER5