漫画紹介

『バクサイ~IR法黙示録~』のネタバレと無料で読む方法

カジノの国、マカオからやってきた伝説のギャンブラー日本の違法カジノをぶった切る!!

石忍者
数ある博打漫画を読んできた拙者だが、この漫画には他の博打漫画にはない凄みがあるでござるよ・・・

あらすじ

あのラスベガズさえも超えていると言われているギャンブルの国、マカオにて名を馳せている日本人ギャンブラーが存在していた。

彼の名前はシュン、マカオではウーディと呼ばれていた。

彼は突如として日本の夜の街にやってきた。彼の目的とはいったい・・・。

2018年7月に制定されたIR実施法。別名”カジノ法案”混沌渦巻く日本社会に舞い戻った謎の男”シュン”が日本社会へ切り込み、未来を解き明かす!!

『バクサイ~IR法黙示録~』の見どころ紹介

この漫画はやはり、カジノ漫画なのでギャンブルで主人公のシュンが戦っていくって感じの物語なんですけど

この漫画を読み進めていく上で目を離せないのはやっぱり主人公のシュンなんです。

彼はギャンブルにおいて絶対的な強さを持っていて見ていて凄く安心できるんです。

普通、ギャンブル漫画って主人公がギリギリの瀬戸際で敵と戦うのが見どころに感じると思うんですが

石忍者
所謂、カイジじゃの。少しアカギに近いかもしれぬな・・・。

この漫画においては例外です。シュンの圧倒的なギャンブル的強さを見どころにしていきたいです。

『バクサイ~IR法黙示録~』を少しネタバレ

1話のネタバレ

2018年、IR実施法成立。別名カジノ法。

これは国内にカジノを設けることで外国人観光客の集客を狙ったもの。一方でギャンブル依存症や犯罪組織の行動活発化などの懸念もある。

マカオ、ここはかのラスベガズを超えるほどのギャンブル国までにもなった国。

ギャンブルに強い人には決まって運を引っ張る天賦の才、博才がある。

マカオにはそんな博才がすぎる日本人がいた。

彼はウーディと呼ばれていた。

場面は変わって、日本の新宿。

フォーカスが当てられたのは一人の女性。

彼女は100万円という多額な負債を背負っているようだ。

闇金会社に相談しに行くと、裸を強要されたりと散々な目に。

彼女は旦那の為に自殺をして保険金を手に入れようとした。

車に追突しようとすると、一人の男に止められてしまう。

安心したのか彼女は泣いてしまった。まわりから泣かすなよと冷やかされてお茶をすることに。

その男は彼女がわざと車に追突しようとしていたこと、結婚していること、100万円の借金をしていること。

そして、その借金はギャンブルによるもの。と当てて言った。

どうやらカジノの内容はルーレットの模様。彼は日本のギャンブルが知りたいという事で待ち合わせをしてカジノに行くことに。

見た目は普通のマンションだが、部屋に入ればそこはカジノだった。

彼の一声目は

「ふーん つまらないカジノだな」

彼は早速、ルーレットをやることに。彼はもう一度彼女に借金を確認すると、200万で100万はカードでということだ。

彼はルーレットをやるや否や、いきなり当ててきた。

それも立て続けに何度も。

気づいたら200万円分稼いでいた。

彼は200万円分のチップを彼女に渡して、彼女は感謝をして去っていった。

すると、後ろの方からナイスボディな女性から

「アタシにも教えてよ 勝ち続けるトリックを」と言われ彼は一瞬動きが止まった。

どうやら懐かしい感じがしたらしい。

そのナイスボディな女性は彼にこのまま帰れるか心配した方が良い。と心配されるが

もう遅かった。

彼の周りには怖い兄ちゃんたちがいた。

その中の親玉らしき者が

「お客さん、ずいぶんと勝ちましたね」と今から喧嘩が始まってもおかしくないところで

中道という者が現れてその親玉に「ヤクザみたいな真似すんじゃねえよ」と言った。

中道は彼の事を知っていた。

彼はウーディ。

中道は怖い兄ちゃんたちにたいしてこれ以上関わるなとお灸をすえた。

中道はウーディに「じゃあなシュン」と言ってその場を後にした。

中道がいなくなってから怖い兄ちゃんたちの親玉がこのままではメンツが立たないということで、サシでの勝負を望む。

勝負の内容はルーレットの赤黒勝負というものだった。

それはお互いが交互に球を投げて目を宣言する。というものであった。

2話の少しネタバレ

前回登場した怖い兄ちゃんの親玉だが、彼は蛭間という者でこのカジノの店長をしている者らしい。

その蛭間と赤黒勝負をすることになったがナイスボディのお姉さんによると彼は無敗らしい。

シュンは勝ち続けるトリックを教えてやると彼女に言った。ちなみに蛭間はラスベガスでディーラーをやっていたikほどの実力の持ち主だった。

一球目は蛭間から。赤と宣言してみごと当ててみせた。

続いてシュンの番、球をチェックして盤をみて簡単に投げて赤と宣言して外した。

シュンは『いい盤だ 裏カジノにしては盤の手入れが行き届いてるね 楽しめそうだ』と余裕の表情をみせた。

そして、蛭間は三球連続で当てていって、対するシュンは三球連続で外していった。

4連敗したシュンは周りのギャラリーのも冷めた目で見られ、蛭間にも『逆にスゲーな1/2の確率で4連続外すって何パーセントだよ』と言われてしまう。

シュンは『6.25% 5連続なら3.125%だ』と冷静に答えた。これには蛭間も動揺。

シュンは賭け金のことが気になって聞いた。

すると、蛭間がニヤついた顔でスタートが100万でそれ以降は倍々ゲームと答えた。

つまり、4回目の試合をしたのでかけ金は800万円。4連敗したシュンは1500万だった。

すると、シュンは蛭間にあんたは支払えるのかと聞いて、これまた蛭間は動揺した。

そして、目の前で5000万円のキャッシュを見せつけた。

対する、シュは小切手で1億円をみせつけた。

3話の少しネタバレ

前回、逆転をされてしまった蛭間。イカサマで球を操っていたが言う事を聞かなくなった球。

ボタンで操っている店員に蛭間は「いくぞ黒だぞ黒ー!!黒で行くぞー!!黒だ!!黒ー!」と聞こえる声で、さらに念を押すように叫んだ。

シュンに「ははは言えばかなう不思議な盤か!?」と笑われてしまう。

1億のかかった大勝負、結果はまさかの赤だった。蛭間は外してしまった。

蛭間はボタンが誤作動によるものなのではないのかと疑う。

シュンは「俺も今回は黒でいってみようかな!黒で!」

とつぶやいた。そして相変わらず投球は簡単に済ました。1億のかかった勝負にもかかわらず。

蛭間はリモコンの誤作動と信じて、反対に黒を押せば赤がくると思い赤を押させた。

すると、黒がはいってしまった。

シュン、1億2000万円獲得。

蛭間は怒って

「こんなワケねーんだよ!!お前何をしたんだ」

シュンは

「何をしたぁ?まさか俺がイカサマしたとでも言いたいのかよ?」

と煽り返した。

そう、シュンは蛭間のイカサマに全て気づいていた。

蛭間の所作、捌きをみて敏腕のディーラーだと気づいた。

現に蛭間は二投目からは仕込みのない玉でイカサマなしでプレイしていた。

つまり、シュンは最初に玉に触れるときに普通の玉と入れ替えていたのだ。

4話の少しネタバレ

蛭間を倒したシュン。

美雪と外で歩いていて助かったと感謝するシュン。

美雪に改めて何者かと聞かれてシュンは何とも言えない顔で「自分がどこにいるのかも分からない男だよ」と答える。

刑事が指定した店に向かったシュンはまた会おうと美雪に言う。

場面が変わって神崎と中道の二人。

なにやら怪しい会話をしていた。

また場面は変わってシュンと神崎。

神崎からの乾杯を断ってシュンは前話で助けてくれた礼として5000万円を渡そうとするがはした金はいらないと断られてしまう。

その代わりとは言ってやってもらいたいものがあるみたいだ。

断ったら警察の力を行使するみたいだ。

すると、神崎は内ポケットから携帯をだしてシュンに渡す。用件はそれだけだそうだ。

次の日、シュンはドンキに行って服を買いに行った。

すると、なにやらかわいい子がいた。なんと美雪だった。化粧っけがないぶんとてもかわいかった。シュンも惚れそうだった。

二人はせっかくだからとご飯を食べることになったが半グレどもに見つかって美雪を奪おうとしていた。

シュンは賭けをしようと持ち掛ける。

勝負の内容は二つ並んだレジの左右どちらに女の客が先に来るかを当てる。

簡単なものだった。

5話の少しネタバレ

場面は新宿の歌舞伎町のとあるカラオケボックス。

中にはヤクザである中道、刑事である神崎がいた。

二人は密談をするよぅだ。

中道はこういう場所なら盗撮もないしうるさいから聞かれるはずもないから安全だと語るが

神崎はうるさくてしょうがねえと文句をたれる。

二人の話の内容はウーディことシュンの話と台打ちの話だった。

場面は変わって美雪の行方を捜すシュンへと。

美雪の知り合いに案内してもらった。

行先はラブホの駐車場にあるスタッフオンリーと書かれた扉だった。

厳重なトビラをいくつも超えると、そこには美雪が待っていた。

すると美雪は「借金しちゃったの」と舌をだしながらあざとく謝ってきた。

美雪はシュンに会いたくなっただけらしい。

シュンは当たりを見渡して一瞬にしてイカサマと見破った。

「イカサマで負けた分は俺が取り返してやるよ」

美雪はシュンの言葉に惚れた。

『バクサイ~IR法黙示録~』の感想

こちらの漫画は読んでいてとても知識が高まる漫画です。

ギャンブル系漫画って色々な知識が高まりやすい傾向があるんですよね。

例えば、ルーレットにはアメリカン式とヨーロピアン式があってそれぞれ攻略法が違かったりと普段の生活ではまず知りえない情報が入ってきます。

それと、私個人的に主人公のシュンが好きなんです。

めちゃくちゃギャンブルに強くて常に冷静でいられるところが本当にかっこいいです。主人公なのにミステリアスな部分が多すぎるのもかっこいいと思える要因のうちの一つでしょうか

石忍者
気になった者は試し読みをしてみるでござる
まんが王国は電子書籍初心者におすすめできる7つの理由

みなさん!! 電子書籍について心配していることありませんか!!? 電子書籍でしか読めない漫画とかあるけど本当に電子書籍っていいのかなあ   電子書籍って使ったことないからよくわからないんだよ ...

続きを見る

まんが王国はこちら

-漫画紹介

© 2021 マンガでござる Powered by AFFINGER5